ニュース

2019/07/01 【東京店】金明植展~幸福な家~ 2019年7月20日(土)~ 8月4日(日)
詳しく見る


East Side 19-M01 / 90.9x72.7cm / Oil on canvas / 2019

古希記念
金明植展 ~幸福な家~


2019年7月20日(土)~ 8月4日(日)
10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 東京店

〇7月20日(土)
16:00~ ライブペインティング
17:00~ オープニングパーティー

〇作家在廊日
7月20日(土) ~24(水)

世界で活躍する韓国のアーティスト金明植は、2000年単身ニューヨークに渡った際、コーヒーショップの窓の外を通り過ぎて行く様々な人種と、車窓から見たマッチ箱の様な家々を見て、家をモチーフとして描く「East Side Story」シリーズの制作を始めた。家は人間にとって最も安息できる場所であり、その家と様々な人種が一体化したかのような一連の作品には、そこに暮らす人々の喜び、悲しみ、そして多様な人種が平和に暮らす世界への希望が込められている。常に太陽が昇る「東側(East Side)」を、希望と祈りの象徴としてシリーズ名に冠した。古希を迎える氏の記念となる本展では、アメリカ、日本、そして韓国、3つの時代を回想し制作した新作40点を展示いたします。どうぞご期待ください。
(みぞえ画廊 阿部和宣)


金明植 (きむ みょんしく)
1950 韓国、ソウル生まれ / 1974 中央大学芸術学部絵画科修了 / 1980 同大学大学院洋画専攻終了 / 2004 ロングアイランド大学研究教授(ニューヨーク) / 2010 九州産業大学美術学部研究教授(福岡) / 2015 9月 東亜大学校芸術学部教授退官・名誉教授

【個展】ニューヨーク,東京,神戸,札幌,上海,杭州,ソウル,釜山,シドニー,マドリード,バンクーバー,マイアミ,他


East Side Story 19-M10 / 145.4x90.9cm / Oil on canvas / 2019

2019/06/28 【福岡店】片山雅史展「楽園 博多・夏そして天上の花」2019年7月12日(金)~ 7月28日(日)
詳しく見る


「博多・夏」ミクストメディア

片山雅史展
「楽園 博多・夏そして天上の花」


2019年7月12日(金)~ 7月28日(日)
10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 福岡店

〇7/27(土) 14:00~ ギャラリートーク
片山雅史氏が作品についてお話します。お気軽にお越しください。

片山雅史の作品に触れると、視覚だけではない、五感を超えた第六感までもが刺激される様な感覚を覚える。そこに描かれているイメージは、かたちあるものでありながら、抽象的ともとれる。その片山先生が「今山笠の絵を描いているんだよ」と話すのを聞き、正直想像だにできなかった。そして寺院の天井画から着想を得たと言う花の連作。「植物態」「風」「皮膜」「螺旋」と常に新しい表現を求め変貌を遂げてきたアーティストが、どんな新しい世界を見せてくれるのか。ぜひ楽しみにしていただきたい。(みぞえ画廊 阿部和宣)

かたやま まさひと/1984年京都市立芸術大学大学院修了/’88年A.C.C(アジアン・カルチュラル・カウンシル)の招聘により渡米(~’89)/’95年文化庁派遣芸術家在外研修員として渡英(~’96)/2004年「第5回21世紀の作家-福岡 片山雅史展 皮膜2004-知覚の森へ」(福岡市美術館)開催/’07年第3回成都ビエンナーレ出品/現在、九州大学大学院芸術工学研究院准教授

│収蔵│原美術館、福岡市美術館、インディアナポリス美術館、他

2019/06/09 【福岡店】金明植展~幸福な家~ 2019年6月22日(土)~ 7月7日(日)
詳しく見る


East Side 19-M01 / 90.9x72.7cm / Oil on canvas / 2019

古希記念
金明植展 ~幸福な家~


2019年6月22日(土)~ 7月7日(日)
10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 福岡店

〇6/22(土)17:00~
オープニングパーティー&ギャラリートーク

〇6/23(日)15:00~
ライブドローイング

〇作家在廊日
6/22(土)~25(火)

世界で活躍する韓国のアーティスト金明植は、2000年単身ニューヨークに渡った際、コーヒーショップの窓の外を通り過ぎて行く様々な人種と、車窓から見たマッチ箱の様な家々を見て、家をモチーフとして描く「East Side Story」シリーズの制作を始めた。家は人間にとって最も安息できる場所であり、その家と様々な人種が一体化したかのような一連の作品には、そこに暮らす人々の喜び、悲しみ、そして多様な人種が平和に暮らす世界への希望が込められている。常に太陽が昇る「東側(East Side)」を、希望と祈りの象徴としてシリーズ名に冠した。古希を迎える氏の記念となる本展では、アメリカ、日本、そして韓国、3つの時代を回想し制作した新作40点を展示いたします。どうぞご期待ください。
(みぞえ画廊 阿部和宣)


金明植 (きむ みょんしく)
1950 韓国、ソウル生まれ / 1974 中央大学芸術学部絵画科修了 / 1980 同大学大学院洋画専攻終了 / 2004 ロングアイランド大学研究教授(ニューヨーク) / 2010 九州産業大学美術学部研究教授(福岡) / 2015 9月 東亜大学校芸術学部教授退官・名誉教授
【個展】ニューヨーク,東京,神戸,札幌,上海,杭州,ソウル,釜山,シドニー,マドリード,バンクーバー,マイアミ,他


East Side Story 19-M10 / 145.4x90.9cm / Oil on canvas / 2019

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る