ニュース

2020/12/17 【東京店】新春名品展 2021年1月9日(土)―2月7日(土)
詳しく見る

藤田嗣治 「横たわる裸婦と子犬」 油彩 89×116 cm 1921年

新春名品展
※会期変更の場合がございますので、ご来廊の際はお電話・ウェブサイトにてご確認ください。
2021年1月9日(土)―2月7日(土)
会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊 東京店

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中はコロナ禍の中、皆様に支えていただきましたことを心より感謝申し上げます。
一日も早い収束を願うとともに、皆様のご健康をお祈りいたします。

初公開 藤田嗣治 『横たわる裸婦と子犬』
1921年、藤田嗣治はサロン・ドートンヌに初めて乳白色の裸婦の作品を出品し、一躍エコールド・パリの寵児となりました。その作品は、ジュネーブのプティ・パレ美術館所蔵の『横たわる裸婦と猫』であったとされる説が有力ですが、本作品はその同じ年、同じモデルを描いた作品で、長い間欧州の所蔵家の元に眠っていました。新年の幕開けに、藤田が苦心の末確立した「乳白色の肌」、「東洋の美」に魅せられた当時のパリの人々の興奮を味わっていただけたら幸いです。皆様のご来廊をお待ち申しあげます。
 令和3年 元旦 みぞえ画廊 阿部和宣

〈出品作家〉
ピカソ、マティス、シャガール、ルノワール、キスリング、ユトリロ、レジェ
坂本繁二郎、児島善三郎、長谷川利行、野田英夫、猪熊弦一郎、坂本善三、宇治山哲平、田淵安一、鴨居玲、平野遼、福井良之助、織田廣喜、宮崎進、浜田知明、豊福知徳、野見山暁治 他

2020/12/08 【福岡店】新春企画 -没後20年- 糸園和三郎展 2021年1月16日(土)~31日(日)
詳しく見る

『花店』油彩 F10号

新春企画
-没後20年- 糸園和三郎展


2021年1月16日(土)~31日(日)
会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊 福岡店

謹んで新年のお慶びを申し上げます。本年もどうぞご愛顧の程よろしくお願いします。
省略された画面の中に対象の本質に迫るように描かれた心象風景。その情感にあふれ、心に染み入る静謐で誌的な世界に一目で魅せられた。この絵を描いたのはどんな画家だったのかとその軌跡を追うにつれ、皆が敬愛してやまない人格者であった事を知る。物静かで、思慮深く、温かい。北九州自由画室、日大芸術学部、土日会で後進の指導をし、その薫陶を受けた人たちは口々にその人格を讃える。
一度で良いから会ってみたかったと、その人物に思いを馳せながら収集した作品約25点を展示いたします。皆様のご来廊をお待ち申し上げます。(みぞえ画廊 阿部和宣)

いとぞの わさぶろう / 1911年大分県中津市生~2001年東京都杉並区にて没。
師・前田寛治。独立美術協会、美術文化協会、自由美術協会を経、無所属。
日本国際美術展・佳作賞、現代日本美術展・K氏賞、他。日大芸術学部教授。
東京国立近代美術館、神奈川県立近代美術館、大分県立美術館 他に作品収蔵。


『双頭の牛』油彩 F4号

2020/12/07 <東京店><福岡店>年末年始 休廊のお知らせ
詳しく見る
誠に勝手ながら、下記の通り、年末年始休廊とさせていただきます。

東京店・福岡店 2020年12月30日(水)~ 2021年1月4日(月)

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る