1. ホーム
  2. 全商品
  3. 作家別
  4. 国内作家
  5. 現存作家
  6. 片山雅史
  7. 片山雅史 皮膜2007―向日葵

作品コード : 1820

片山雅史

「皮膜2007―向日葵」


版画
360 x 360 mm
ed.10/30

販売価格:¥ 50,000 税込

数量
片山 雅史 (かたやま まさひと)
【略歴】
1955年 東京生まれ
1984年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
1987年 「アートナウ’87」兵庫県立近代美術館(神戸、’88、’90)
      「第7回ハラ アニュアル」原美術館(東京)
1988年 A.C.C(アジアン・カルチュラル・カウンシル)の招聘により渡米(~’89)
      「ニュージャパニーズスタイルペインティング-日本画材の可能性-」山口県立美術館
1989年 「風のなる日のために」佐賀町エキジビット・スペース(東京)
      「版から/版へ -京都1989-」京都市美術館
1991年 「マニエラの交叉点」町田市立国際版画美術館(東京)
      「TAMA VIVANT '92」渋谷西武シードホール(東京)
1993年 「90年代の日本-13人のアーティストの提言」民俗博物館(ローマ)
      ※デュッセルドルフ市立美術館(ドイツ)に巡回
      「明日の美術4-1993年の視点」旧サン・マッテーオ病院(スポレート、イタリア)
1994年 「現代美術の展望 VOCA展'94-新しい平面の作家たち」上野の森美術館(東京、’95)
      「日本 現代美術の断面」(ヒュンダイアートギャラリー、ソウル)
1995年 文化庁派遣芸術家在外研修員として渡英(~’96)
1996年 「日本の現代美術50人展」ナビオ美術館(大阪)
1999年 九州芸術工科大学(現九州大学大学院芸術工学研究院)に助教授として着任
2000年 「光の記憶展」三菱地所アルティアム(福岡)、他全国巡回
2003年 「両洋の目」出品(全国巡回、’05)
      「風のなる日のために/風の系譜 80年代後半-90年代前半の絵画」トヨタビル3Fギャラリー(福岡)
2004年 「色の博物誌・黄-地の力&空の光」(目黒区立美術館)出品、
      「第5回21世紀の作家-福岡 片山雅史展 皮膜2004--知覚の森へ」福岡市美術館
2005年 CITY NET ASIA2005、ソウル市美術館(ソウル)
2006年 片山雅史「風」の作品より 福岡市美術館、TOYOTA GALLERY他(福岡)
2007年 「第3回成都ビエンナーレ」成都現代美術館(成都)
2012年 みぞえ画廊で個展

主な作品収蔵先:原美術館、福岡市美術館、和歌山県立近代美術館、
           インディアナポリス美術館、成都現代美術館、他

TOP
ページの上部に戻る