作品コード : 10038

猪熊弦一郎

「人物」

油彩
F8号
45.5 x 37.9 cm
1989年

販売価格:¥ 1,500,000 税込

数量
猪熊 弦一郎 (いのくま げんいちろう)
【略歴】
1902年 高松市生まれ。
1922年 東京美術学校(現・東京芸術大学)洋画科に入学し、藤島武二に師事する。のちに同学校を中退。
1926年 「婦人像」で帝展初入選。
1936年 小磯良平、脇田和らと新制作派協会を設立。
1938年 フランスに移り、アンリ・マティスの指導を受ける。
1940年 第二次世界大戦が勃発し、最後の避難船となった白山丸で帰国。
1944年 陸軍美術展で戦争画の「◯◯方面鉄道建設」を発表。
終戦後、田園調布純粋美術研究室を発足し、後進の指導にあたる。
1950年 白地に赤で有名な三越の包装紙「華ひらく」のデザインを行う。
1951年 上野駅に壁画「自由」を完成。慶應義塾大学大学ホールの壁画「デモクラシー」と名古屋丸栄ホテルホール壁画「愛の誕生」で、第2回毎日美術賞を受賞。
1955年 活動の拠点をニューヨークに移す。
1980年 勲三等瑞宝章を受章する。
1993年 「祝90祭猪熊弦一郎展」で第34回毎日美術賞を受賞。
     同年逝去。享年90歳。

TOP
ページの上部に戻る