1. ホーム
  2. 全商品
  3. 作家別
  4. 国内作家
  5. 現存作家
  6. 吉村芳生
  7. 吉村芳生 新聞と自画像 in Paris

作品コード : 3833

吉村芳生

「新聞と自画像 in Paris」

新聞紙に鉛筆 41.5 x 27cm
吉村がパリ滞在時に現地の新聞で描いた1000枚の自画像の番外編。

販売価格:¥ 324,000 税込

数量
吉村 芳生 (よしむら よしお)
【略歴】
1950年 山口県防府市に生れる
1971年 山口芸術短期大学を卒業
1978年 シェル美術賞展で佳作賞受賞(東京セントラル美術館 他)
     初個展を東京銀座の画廊で開催
1979年 創形美術学校を卒業
     イギリス国際版画ビエンナーレでアーガス賞受賞
     (イギリス・ブラッドフォード美術館)
1982年 マイアミ国際版画ビエンナーレでメリット賞受賞
     (フロリダ・メトロポリタン美術館)
1984年 第3回小林和作賞(山口県)を受賞
1988年 そごう百貨店(広島市)で個展開催
1991年 “730日の自画像”吉村芳生展(下関市立美術館)開催
     (その後、東京、山口、福岡、横浜などで毎年、個展を開催)
2000年 雪舟グランプリますだ美術大賞展で特別優秀賞受賞
2004年 福岡市で5回目の個展開催
2005年 中国国際アートフェア(北京)に出品
     9月、個展100回記念・吉村芳生展(山口)を開催
2007年 山口県展(山口県立美術館)で大賞受賞
     「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展(森美術館)に出品
2008年 「色鉛筆で描く花の世界・吉村芳生展」を周南市に続き廿日市市でも開催
     フィリップス・オークションにて“365日の自画像”落札(ロンドン)
2009年 「煉獄の茶室」吉村芳生展(山口県立萩美術館・浦上記念館)を開催
2010年 「一人快芸術」展(広島市現代美術館)に出品
     ツイン・アート・ギャラリー(みぞえ画廊)で個展開催(福岡では6年ぶり)
     山口県立美術館にて吉村芳生展-とがった鉛筆で日々をうつしつづける私-開催

作品収蔵 山口県立美術館、東京都現代美術館、東広島市美術館、山口県庁、

TOP
ページの上部に戻る