ニュース

2019/09/16 【東京展】片山雅史展「皮膜/天上の花」2019年9月21日(土)~ 10月6日(日)
詳しく見る

  

「 花卉図−天上の花 Ⅰ」、「花卉図−天上の花 Ⅱ」 ミクストメディア 500×500mm

片山雅史展「皮膜/天上の花」
2019年9月21日(土)~ 10月6日(日)


10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 東京店

片山雅史の作品に触れると、視覚だけではない、五感を超えた第六感までもが刺激される様な感覚を覚える。そこに描かれているイメージは、かたちあるものでありながら、抽象的ともとれる。寺院の天井画から着想を得たと言う花の連作。本作品群に囲まれる展示空間は、まさに天上の楽園に降り立ったかのようだ。「植物態」「風」「皮膜」「螺旋」と常に新しい表現を求め変貌を遂げてきたアーティストが、どんな新しい世界を見せてくれるのか。ぜひ楽しみにしていただきたい。
みぞえ画廊 阿部和宣

かたやま まさひと/1984年京都市立芸術大学大学院修了/’88年A.C.C(アジアン・カルチュラル・カウンシル)の招聘により渡米(~’89)/’95年文化庁派遣芸術家在外研修員として渡英(~’96)/2004年「第5回21世紀の作家-福岡 片山雅史展 皮膜2004-知覚の森へ」(福岡市美術館)開催/’07年第3回成都ビエンナーレ出品/現在、九州大学大学院芸術工学研究院准教授

│収蔵│原美術館、福岡市美術館、インディアナポリス美術館、他

2019/09/07 スタッフブログ更新しました!
詳しく見る
http://blog.mizoe-gallery.com/
2019/08/18 【福岡店】小松孝英個展 -SATOYAMA- 2019年9月14日(土)~29日(日)
詳しく見る


『 酸化 』 S20号 アクリル・箔・キャンバス

小松孝英個展 -SATOYAMA-

2019年9月14日(土)~ 9月29日(日)
10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 福岡店

〇9月14日(土)
18:00~ オープニングレセプション

宮崎を拠点として、アジアを中心にその活躍の場を世界に広げる小松孝英。その作品は、華やかな蝶が舞う琳派風の雅な世界で広く知られる。しかし本個展で小松が全面に打ち出してきたのは、作家自身挑戦と言う新たな抽象作品だ。良く作品と向かい合うと、そこには小松がずっとテーマとしている宮崎の自然、里山の風景が表現されていることがわかる。どうぞご期待ください。

みぞえ画廊 阿部和宣

こまつ たかひで/1979年宮崎県生まれ。同在住。九州デザイナー学院アーティスト学科卒業。国連生物多様性条約記念ミュージアムに収蔵。2016年LEXUS NEW TAKUMI PROJECTにて宮崎の匠として選出。国内外のアートフェアに多数出品、および個展開催多数。「九州から世界へ」を実践し生物多様性をテーマに描く。国文祭・芸文祭みやざき日南市2020総合プロデューサー、延岡市観光大使。


『うなぎのぼり』 F8号 アクリル・箔・キャンバス

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る