ニュース

2020/06/29 【福岡店】野見山暁治展―絵描きと絵の旅路― 2020年8月22日(土)~9月6日(日)
詳しく見る


『樹』1963年 油彩 M40号

野見山暁治展―絵描きと絵の旅路―
2020年8月22日(土)~9月6日(日)

会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊 福岡店

ひょんなことから知る事になったとある野見山暁治コレクション。縁あって私たちの元にやってきた。そこには、絵描きの歩んできた道のりと、夢や希望がたくさん詰まっていた。絵も絵描きと同じように旅をする。
戦後間もない頃の作品からパリ時代を含む、1940年代から90年代迄の油彩、水彩約45点を展示します。今年100歳を迎える画家、野見山暁治が見てきた世界をご覧ください。(みぞえ画廊 阿部和宣)

野見山暁治 (のみやま ぎょうじ)
《略歴》 1920年福岡県穂波村(現・飯塚市)生まれ。43年東京美術学校油画科卒業、応召、満州に派遣。52~64年滞仏。58年第2回安井賞。68年東京芸術大学助教授(’72教授)に就任(’81年退官)。92年第42回芸術選奨文部大臣賞。94年第1回福岡県文化賞。96年毎日芸術賞。2000年文化功労者。14年文化勲章。


会期中のみぞえ画廊は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、定期的に換気をして画廊内の通気性を良くしております。また、ご来廊のお客様には入店時に以下のお願いをしております。

1.マスク着用、手指消毒
2.ご芳名帳へ氏名・ご住所等の記帳


皆様に安心して展覧会をご覧いただけるように、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


2020/06/19 【福岡店】弓手研平展「土の声」 2020年7月11日(土)―26日(日)
詳しく見る

 
『月夜の百済観音』『月夜に実る林檎の木』 どちらも油彩、M100号

弓手研平展「土の声」
2020年7月11日(土)―26日(日)


会場 みぞえ画廊 福岡店
会期中無休 10:00-18:00
[作家在廊日] 7/11.12.13.14.15.19.25.26

◆イベント その1
「弓手式ニュー印象派ライブドローイング」

7/12(日)14:00~ ※完成次第終了、どなたでもご覧いただけます

◆イベント その2
映画「かぞくわり」画廊上映会&トーク

7/25(土),26(日)

[上映スケジュール]
13:00~ 受付
13:20~15:30 映画上映
15:40~弓手アトリエ最新映像初公開&トーク 塩崎祥平監督×弓手研平
映画の裏話や、塩崎監督が撮影・編集した弓手研平の制作過程の映像を初公開

[料金] 1,000円 (ソフトドリンク付) 定員10名
*事前にお電話・メールにてご予約ください

[映画かぞくわり 紹介]
監督・脚本 塩崎祥平
出演 陽月華、竹下景子、小日向文世 他
古の奈良に伝わる天才画家が主人公の本格長編映画。弓手研平が劇中画を担当し氏の作品が大ボリュームで登場します。
映画 かぞくわり オフィシャルウェブサイト


▲映画かぞくわり~予告編~


▲弓手氏のアトリエ映像~予告編~

「自粛でどこにも行けないので、アトリエでひたすら絵を描いてます。どんどん作品ができてます。」お見舞いの電話口でそう話すのを聞いて、この人は根っからの絵描きだと思った。「足元を大事に」「土から描く」をコンセプトに、50層以上の絵の具を塗り重ね、1点の作品を1年かけて完成させる弓手研平。「世の中の価値観が劇的に変化している今こそ、全ての足元にある大地にしっかりと根を張った、土の声が聞こえる作品を観て感じてほしい」そう語る弓手研平の、満を持しての個展となります。皆様のご来廊をお待ち申し上げます。(みぞえ画廊 阿部和宣)

弓手研平 (ゆんでけんぺい)
1970年大阪府生れ。1996年大阪芸術大学美術専攻科修了。1997年昭和会展日動美術財団賞。一水会展佳作賞3回、新人賞(’95)、文部科学大臣賞(’13)。2009年損保ジャパン美術賞。現在、一水会常任委員、研水会委員、日本美術家連盟会員など。


会期中のみぞえ画廊は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、定期的に換気をして画廊内の通気性を良くしております。また、ご来廊のお客様には入店時に以下のお願いをしております。

1.マスク着用、手指消毒
2.ご芳名帳へ氏名・ご住所等の記帳


皆様に安心して展覧会をご覧いただけるように、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020/06/11 スタッフブログ更新しました!
詳しく見る
http://blog.mizoe-gallery.com/

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る