ニュース

2018/02/17 Field of Now 2018に出品します! 2018年2月28日(水)~3月3日(土)
詳しく見る


(右)柴田七美『無題』2016、油彩・キャンバス、F10
(左)八頭司昂『Idol』2016、パネルに綿布・白亜地・クリル絵具・絵具、41×31.8cm

「Field of Now 2018」
日本洋画商協同組合青年部が企画するField of Now (フィールド・オブ・ナウ)展は今年で25回目を迎えます。本展は当組合青年部に所属する画商によって選出された、今注目すべき若手作家を紹介する、年に一度4日間だけの特別な展覧会です。今回も個性豊かなアーティスト12名が8つのギャラリーから選ばれました。物故作家作品から現代アートまでを幅広く取り扱う当組合の画商たち。その厳しい眼により見出された作品は、どれも自信を持っておすすめできるものばかりです。今後さらなる活躍に期待がかかる気鋭作家たちの表現豊かな作品をどうぞご高覧下さいませ。たくさんの方々のご来場を心よりお待ちしております。(日本洋画商協同組合青年部)

みぞえ画廊からは、絵画に新たな境地を見出して注目されている今一番勢いのある若手作家、柴田七美と八頭司昂をご紹介いたします。

柴田 七美 (しばた なみ) 略歴
1985年 熊本生れ、東京都在住
尾道大学芸術文化学部美術学科卒業
尾道大学大学院美術研究科中退
シェル美術賞2013入選
トーキョーワンダーウォール2009入選

八頭司 昂 (やとうじ たかし) 略歴
1990年 愛知県生まれ
2015年 佐賀大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修 修了
第62回佐賀県美術展覧会 佐賀県知事賞 受賞
第22回英展~人物・風俗~ 大賞 受賞
第22回MCAGP(三菱商事アート・ゲート・プログラム)入選

【日時】
2月28日(水)~3月3日(土)午前10時~午後6時(最終日は午後4時まで)
オープニングパーティ:2月28日午後5時~

【開催場所】
銀座洋協ホール
東京都中央区銀座6-3-2ギャラリーセンタービル6階
2018/02/17 【東京店】ギャラリースタッフ募集!
詳しく見る
みぞえ画廊東京店では現在ギャラリースタッフを募集しています。
福岡店でオープンしてから今年で10周年。
近年では国内外のアートフェアにも出展し、現代美術ギャラリーとしての活動範囲も広がる一方で
日本近代の巨匠や、印象派など西洋の名画も扱うなどその事業領域はますます広がっています。
ここで経営体制を強化し、強固な営業基盤を作り、世界マーケットに進出するべく新たな仲間を募集します。
我こそはと言う方、ご連絡お待ち申し上げます。
【募集要項】

■業務内容
 画廊・ギャラリー運営業務全般
 接客・営業・販売
 展覧会企画・運営
 広報・広告物作成
 ホームページ更新
 在庫管理
 顧客管理
 ★特に英語での業務が可能な方優遇します(会話、翻訳、書類作成、他)。
■雇用形態
 契約社員(正社員登用あり)・パート・アルバイト
■給与・待遇
 契約社員       月給200,000円~
           (資格・経験・能力により優遇)
 パート・アルバイト 時給1,000円~
           (資格・経験・能力により優遇、試用期間1カ月)
 交通費支給・社会保険完備(試用期間を除く)・賞与有(業績に依る)
■勤務地
 東京店 東京都大田区田園調布3-19-16
■勤務時間
 パート・アルバイト 9:30~18:30 週5日以上
 契約社員      9:30~18:30
           週休2日、シフト制、有給休暇有
 土・日・祝日勤務できる方
■資格
 年齢 20歳以上
 専門学校・短大卒以上、またはそれ相当の知識・経験を有する方
 普通運転免許証
■求める人材
 アートが好きな方・興味がある方
 PC業務が可能な方(Office、Illusetrator、Photoshop、Web関連)
 英語での業務が可能な方
 体力に自信がある方
 明るく笑顔でお客様との対話ができる方
 販売、営業経験のある方
■応募方法
 お電話、メールにてご連絡後、履歴書をお送りください。
 後日面接の日程をご連絡いたします
■問い合わせ先
 TEL 03-3722-6570
 Mail info@mizoe-gallery.com
 採用担当 阿部 和宣
2018/01/26 【福岡店】宮﨑甲 彫刻展 2018年2月17日(土)~3月4日(日)
詳しく見る



〇オープニング 2/17, 17時~
〇作家在廊日 2/17, 2/18, 3/2, 3/3, 3/4

蝋で直接原型を造る「蝋型鋳造法」は古代から続くブロンズ(青銅)像制作の伝統技法である。そのような技法や素材の影響が少なからず私の作品の形状を決定づけている。「塊(かたまり)の強さにこそ彫刻の醍醐味はある」としながらも、蝋型鋳造法が可能にする特殊な表現に取り組んできた。風や雲、空や宇宙など無形の存在、私たちを包んでいるそれらこそが自然の本性ではないか。空間を満たしている「みえぬもの」に眼を向けつつ生命観を表現したいと思う。(宮﨑甲)
本展覧会では20年程前からのブロンズ作品「居住シリーズ」「植精シリーズ」新作の「人物シリーズ」に加え、「トスカーナの彫刻スケッチ」等を展示いたします。

略歴/1958年福岡県生まれ。’81年佐賀大学特設美術科卒業。’84~’86年ミラノ・ブレラアカデミア彫刻科留学(国際ロータリー財団奨学生)。’87年筑波大学大学院彫塑専攻修了。’92第2回KAJIMA彫刻コンクール[奨励賞]。’93湘南ひらつか野外彫刻展。’94日本金属造型作家展(以降毎回)。’00第2回佐野ルネッサンス鋳金展[奨励賞]。’02朝来藝術の森彫刻展[優秀賞]。’10~’11年イタリアCertaldo市に在外研修。現在 千葉大学教授。個展、日本・イタリア等多数。

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る