ニュース

2021/10/16 スタッフブログ 更新しました
詳しく見る
http://blog.mizoe-gallery.com/
2021/10/10 【東京店】ambivalence 中村宏太展 2021年11月6日(土)~23日(火・祝)
詳しく見る



ambivalence 中村宏太展
2021年11月6日(土)~23日(火・祝)


会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊 東京店

〇作家在廊日
11月6(土),7(日),13(土),14(日),22(月),23(火・祝)日

〇ギャラリートーク
11月6(土),7(土)日 各15時~

 ambivalence―本展のタイトルには、相対する物同士が混在する様、と言う中村宏太の作品が表す世界が込められている。例えば美しいものと醜いもの、生と死、と言う様な。
 私が初めて中村宏太の作品に触れた時に感じた戦慄は、ここから来るものだったのだ。弾丸が物質を貫く際に生まれる瞬間の美。破壊し、生命を奪う行為であるはずの時間と軌道が描くはかなくも美しい造形。それがこの物腰柔らかく、穏やかな人物から生まれてくると言う相反性。
 洋画家中村琢二を祖父に持ち、早くからニューヨークに渡り現代美術を学び、同時多発テロを体験すると言う経歴も興味深い。
 より深くこの作家を知りたい、どんな作品を生み出しどんな展示空間を作るのかを見てみたいと言う衝動に駆られ、個展開催のお声がけをした。昨秋の福岡展では期待をはるかに上回る展示を見せてくれた。この田園調布の邸宅と言う舞台でも、私たちをあっと言わせてくれるに違いない。どうぞご期待ください。(みぞえ画廊 阿部和宣)

中村 宏太(なかむら こうた)
1975年 鎌倉市生まれ。1999年 Syracuse University ファインアート科 油画専攻 卒業。2003年 New York School of Visual Arts 修了。2010年 東京藝術大学大学院美術研究科油画研究領域修了。2015年 太陽の塔に対峙せよ!展(岡本太郎記念館) 入選。2017年「アートオリンピア2017」銅賞、FAN美術館収蔵。2018年 バングラデシュ・ビエンナーレ出品。ニューヨーク、国内外の展覧会多数。東京を拠点に活動。


「境界」2019年 弾丸・ガラス・フィルム
ガラスの青緑色のひびの冷たさとフィルムの熱き色が混在する。ギリギリでガラスのフォルムを保ちつつ壊れる。美しさと暴力的危うさが同居する。それはまるで境界に立つ私たちのよう

2021/10/08 【福岡店】井上敬一展 2021年11月13日(土)~11月28日(日)
詳しく見る
 
『浮遊物体』F80号 油彩/ 『人間』F20号 油彩

井上敬一展
2021年11月13日(土)~11月28日(日)

会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊 福岡店

悪い夢を見ているようなこの時代
夢を見ることを知った人間ゆえの
悲劇なのか
そんな中そんな絵を描いている変な絵描きがいる
<自粛中の絵描きの独り言>

井上先生とはみぞえ画廊のオープン時からだから、もう13年のお付き合いになる。この人物たちは、先生の内なる顔なのだろうか。今回はどんな顔たちが並ぶのか、非常に楽しみだ。(みぞえ画廊 阿部和宣)

略歴/1995年第2回別府現代絵画展優秀賞受賞。第4回青木繁記念大賞展大賞受賞。第4回風の芸術展ビエンナーレまくらざき 準大賞受賞。1996、‘97年 安井賞展入選。1998年現代日本美術展賞候補。第5回福岡県文化賞受賞。2020年「存在思考」田川市美術館企画展。

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る