展覧会

170件の情報がございます。
【東京店】日本近代名画展 2019年4月20日(土)~5月19日(日)





坂本 繁二郎 『白馬』 油彩 F6号 1945年

日本近代名画展
2019年4月20日(土)~5月19日(日)


10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 東京店

「時代を超えて残る価値ある作品を」

真の名画とは時代や流行が変わっても人を魅了し続けます。みぞえ画廊はそんな作品をお客様にお届けしたいという思いのもと、作品を収集しています。本展では、その中でも日本が生んだ世界に誇る芸術家たちによる名画の数々をご覧いただきたいと思います。ご来廊お待ち申し上げます。(みぞえ画廊 阿部和宣)

┃出品作家
熊谷守一、坂本繁二郎、浅井忠、梅原龍三郎、中川一政、長谷川利行
児島善三郎、林武、中村琢二、野田英夫、猪熊弦一郎、須田剋太、糸園和三郎
福井良之助、鴨居玲、平野遼、織田廣喜、浜田知明、堀文子 他

  

熊谷 守一『 裸 婦』油彩 SM 1962年 / 鴨居 玲『インディオの女』油彩 仏M25号 1965年



長谷川 利行『 麦酒工場 』 油彩 F10号
(掲載日:2019-04-01)

【福岡店】西洋名画コレクション展 2019年4月13日(土)~5月12日(日)





クロード・モネ (1840-1926) 『ジヴェルニー風景』 油彩 66x81.6 cm 1886 年

ごあいさつ
みぞえ画廊で収集した、西洋美術の巨匠による名作を一堂に会した展覧会を開催いたします。
新たにコレクションに加わった、九州では初公開となる作品も展示いたします。
皆様のご来廊をお待ち申し上げます。

西洋名画コレクション展
2019年4月13日(土)~5月12日(日)


10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊福岡店

┃出品作家
パブロ・ピカソ、アンリ・マティス、アルベルト・ジャコメッティ、マルク・シャガール、クロード・モネ、モーリス・ユトリロ、ワシリー・カンディンスキー、他

 

マルク・シャガール (1887-1985) 『ラ・バスティーユ、習作』  紙に油彩、ガッシュ 51.1 x 65.7 cm 1954年
ワシリー・カンディンスキー (1866-1944) 『自然な線』 紙にグワッシュ 48.0×34.5cm 1936年
(掲載日:2019-03-23)
【東京店】上川伸展ーかたちとエッセイー 2019年3月16日(土)~ 3月31日(日)



*左から『 感 受 』アクリル・油彩 S100号 /『 流 布 』アクリル・油彩 P80号

上川伸展ーかたちとエッセイー
2019年3月16日(土)~ 3月31日(日)


10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 東京店
▶作家在廊日 3月17日(日)・18日(月)

上川伸の作品の根底にはいつも「ことば」がある。ひらめいた「ことば」を常にメモに取り、それがタイトルとなり、「ことば」を表す「かたち」を創り上げていく。「かたち」が生まれる過程も、絵を描くと言うよりは立体作品を創るかの様に、大地に巨大な建造物を造るかのように土色の下地が塗られたキャンバスに想像上の構造体を描いていく。そこには、彼が生きていく中で感じとった社会の構造を可視化する、と言うコンセプトが込められている。故郷を見つめなおし生まれた「THE WALL」シリーズをはじめとする、圧倒的な力強さで迫る上川伸の世界をお楽しみください。東京では3年振りの個展となります。(みぞえ画廊 阿部和宣)

かみかわ しん/ 1958年福岡県直方市生れ/83年武蔵野美術大学油絵学科卒業/84年九州青年美術展大賞/95年谷尾美術館大賞展大賞/96年青木繁記念大賞展優秀賞/97年安井賞展佳作賞/2011年北九州市立美術館で個展/18年直方谷尾美術館で個展



『 凛 』アクリル 4号
(掲載日:2019-02-24)

アートフェア東京2019にて小松孝英展「SATOYAMA」を出展します!


[写真]『 外来種蝶舞図 』 F20号(アクリル・箔・キャンバス)

アートフェア東京2019
2019年3月8日(金)~10日(日)

▶プレビュー3月7日(木)14時~20時*AFT CARD所持者のみ
会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
チケット:1DAYパスポート前売券 4,000円/当日券 5,000円(税込)

ブースナンバー G42

みぞえ画廊
小松孝英展「SATOYAMA」

宮崎を拠点に、アジアを中心にその活躍の場を世界に広げる小松孝英。彼が生まれ育ち、作品のテーマである宮崎の自然「里山」の変わりゆく生態系を描く。琳派風の従来の画風から、作家自身挑戦と言う新たな表現まで転換期を迎えるアーティスト、小松孝英の世界をお楽しみください。特別展示としてアルベルト・ジャコメッティ『ディエゴの胸像』も展示します。(みぞえ画廊 阿部和宣)

こまつ たかひで/1979年宮崎県生まれ。同在住。無所属。九州デザイナー学院アーティスト学科卒業。国連生物多様性条約記念ミュージアムに収蔵。2016年LEXUS NEW TAKUMI PROJECT にて宮崎の匠として選出。
オートモビルカウンシル2018(東京)にてアートヴィンテージカーを発表。国内外のアートフェアに多数出品、および個展開催多数。「九州から世界へ」を実践し生物多様性をテーマに描く。

 

[左から]『 流水吸水図 』 80.3x53.0cm(アクリル・箔・キャンバス) / 『 土と酸化 』P60号(アクリル・銀箔・キャンバス)



アートヴィンテージカー「里山号」も登場します!


|特別展示|アルベルト・ジャコメッティ



アルベルト・ジャコメッティ『 ディエゴの胸像 』ブロンズ 高さ36.2cm 1956年
(掲載日:2019-02-19)

【福岡店】吉村芳生展ー新聞と自画像ー 2019年3月2日(土)~ 3月17日(日)



吉村芳生展ー新聞と自画像ー
2019年3月2日(土)~ 3月17日(日)


10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 福岡店

年末年始に東京ステーションギャラリーで開催されていた「吉村芳生 -超絶技巧を超えて-」をご覧になっただろうか。没後5年、待望の回顧展だが、吉村作品の全貌を、まさに吉村芳生と言う画家の生き様を見せる展示となっていた。その作品群を前に涙したと言う声も多く聞いた。本展は現在広島県の奥田元宋・小由女美術館に巡回中なので、機会がある方はぜひご覧いただきたい。私が吉村先生とお付き合いさせていただいたのは、生前わずか5年ほどだ。「この作家となら世界を目指せる」と確信していた。 画廊人生の中で、これほどの作家と何人出会えるだろうか、出会えただけで幸せだと、作品たちを前に感慨に浸る。あまりにストイックに、超人的な精神力と執念で自身の画業を突き詰めた吉村芳生。2011年、意気揚々と還暦を過ぎて初めての海外留学で向かったパリで描いたのは、現地の新聞にひたすら鉛筆で描いた1000枚を超える自画像だった。
本展では「新聞と自画像 in Paris」と、新聞にシルクスクリーンで刷られた「阿吽の自画像」を中心に、色鉛筆で描いた花の作品も加えて展示いたします。ご来廊お待ち申し上げます。 みぞえ画廊 阿部和宣

よしむら よしお/1950年山口県防府市生まれ。’71年山口芸術短期大学を卒業。’79年創形美術学校(東京都)を卒業。’85年山口市徳地に移住。2007年山口県展(山口県立美術館)で大賞受賞。「六本木クロッシング 2007:未来への脈動」(森美術館)に出品。’09年「吉村芳生展 煉獄の茶室」(山口県立萩美術館・浦上記念館)。’10年「吉村芳生展 とがった鉛筆で日々をうつしつづける私」(山口県立美術館)。’11年パリに1年間滞在。2013年12月6日逝去。
(掲載日:2019-02-15)

博多阪急×アートフェアアジア福岡Catch Good Signs! 2019年 1月16日(水)〜22日(火)



博多阪急×アートフェアアジア福岡Catch Good Signs!
2019年1月16日(水)~22日(火)


会場 博多阪急 1階 メディアステージ1
入場無料 10:00~20:00 (金・土のみ~21:00まで開催)

博多阪急と、九州最大のギャラリーショー「アートフェアアジア福岡」がタイアップし、「アートフェアアジア福岡2018」に出展した中から、現代アート界をリードするギャラリーによって厳選された作品を展示販売いたします。新進気鋭の作家から地元九州を代表する作家まで、絵画、立体、版画など現代アート30余りの作品をご紹介。この機会を、アートをもっと身近に感じ、アートを愉しむ心に目覚め、アートが日常のなかに溶け込んでくる豊かさを体験していただく契機にしていただければと思います。ここ数年で急速に広まってきた、アートの兆し(Sign)をどうぞご堪能ください。

┃出展ギャラリー/アーティスト

画廊香月/安元亮祐、堀越千秋
gallery UG/野原 邦彦
Gallery Seek/管 かおる、原田武
Nii Fine Arts/国本 泰英
GALLERY小暮/クラトミタカユキ、上路 市剛
YOD Gallery/小林 達史
The Tolman Collection,Tokyo/篠田 桃紅
ときの忘れもの/Bob WILLOUGHBY、松本竣介
KOKI ARTS/Mario Trejo
Gallery MORYTA/Season Lao、三津木晶、高木健多、川崎泰史
みぞえ画廊/田部 光子、豊福知徳、宮﨑甲、永武
福岡日動画廊/柏本 龍太、米田和恵
*順不同
(掲載日:2018-12-29)
【福岡店】新春名品展 2019年1月26日(土)~2月17日(日)



[写真] アルベルト・ジャコメッティ「ディエゴの胸像」ブロンズ 36.2x21.4x10.7cm 1956年作

ごあいさつ

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のお引立てを賜わり厚くお礼申し上げます。本年も皆様に喜んでいただけます様、特色ある企画展開催や上質の作品収集に努めて参りますので、何卒変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申しげます。本年最初の企画展は、新着作品を中心とした東西の名作を一同に会する名品展です。特別展示として日本初公開となるジャコメッティのブロンズ作品も展示いたします。皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げます。(みぞえ画廊 阿部和宣)

新春名品展
2019年1月26日(土)~2月17日(日)


10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊福岡店

┃出品作家
アルベルト・ジャコメッティ、パブロ・ピカソ、パウル・クレー、ベン・シャーン、
熊谷守一、坂本繁二郎、梅原龍三郎、長谷川利行、児島善三郎、林武、中村研一、中村琢二、
野田英夫、猪熊弦一郎、糸園和三郎、福井良之助、鴨居玲、平野遼、織田廣喜、浜田知明、他


  

[左から] 熊谷 守一「 裸 婦 」油彩 SM 1962年作 / 鴨居 玲「インディオの女」油彩 M25号 1965年作



長谷川 利行「 麦酒工場 」 油彩 F10号
(掲載日:2018-12-29)

【福岡店】クリスマスアートフェア 2018年12月8日(土)~25日(火)



*展示写真は過去のものになります

クリスマスアートフェア 2018年12月8日(土)~25日(火)

⇒フェアのご案内 (PDF)


いつもご愛顧をいただいておりますお客様へ感謝を込めて。昨年に続き今年も「クリスマスアートフェア」を開催いたします。物故作家から若手作家まで絵画を中心としたみぞえ画廊のコレクションの中から、通常の2倍となる約80点の作品を特別価格にて展示いたします。大切な人へのクリスマスプレゼントや頑張った自分へのご褒美に、お気に入りの上質な作品を選んでみませんか。

[主な出品作家]
坂本繁二郎/熊谷守一/児島善三郎/林武/里見勝蔵/鈴木信太郎/中村研一/中村琢二/野口弥太郎/麻生三郎/糸園和三郎/織田廣喜/鴨居玲/児玉幸雄/西村龍介/萩谷巌/平野遼/藤田吉香/福井良之助/山下清/脇田和/浜田知明/野見山暁治/中根寛/宮崎進/須田剋太/菅井汲/駒井哲郎/今井俊満/靉嘔/オノサト・トシノブ/村上隆/武者小路実篤/篠田桃紅/堅山南風/加山又造/中島千波/
パブロ・ピカソ/マルク・シャガール/ポール・アイズピリ/アンドレ・ブラジリエ/レオナール・フジタ/ベン・シャーン、他
*出品作家は変更する場合がございます


*当日の演奏者はアコーディオンとギターのデュオになります*写真右はリースの完成イメージと12/16(日)に開催するスワッグ教室のイメージとなります

≪オープニングイベントを開催!≫

2018年12月9日(日) 10:00~19:00

*生花販売は18:00まで、ワイン試飲会は12:00~17:00となります

併設の生花店「フラワーパーク」とカリフォルニアワイン専門店の「M Cellars」と共同して、オープニングイベントを開催いたします!特別セールにて絵画・生花やドライフラワーが最大50%OFF!音楽ライブやリースづくり教室など当日限りのスペシャルイベントが目白押しです。

その1◆ Special企画  みぞえ画廊にてミニコンサートを開催!
アコーディオンとギターの音楽を聴きながら、ウェルカムスープにあたたかい珈琲とアートをお楽しみいただけます。”絵画”をテーマにした楽曲で、クリスマスにふさわしいぬくもりのあるお時間をお過ごしください。

時間 14:00~40分程度
会場 みぞえ画廊 1F
出演 ブッカブッカ
参加 無料 *どなたでもご参加いただけます

その2◆ フラワーパーク クリスマスリース作りワークショップ
木の香りゆたかな生ヒバを使用した、本格リースをつくります♪直径約30センチでインテリアをすてきに彩ります。お子様のご参加も大歓迎です。
時間 11:00~と16:00~の2回
   約90分
会場 フラワーパーク本店
   (みぞえ画廊となり)
参加 費用 3,000円税込
   (花材費・講習費込み)
定員 5名 ※お子様のご参加OK!
予約 092-739-8783 フラワーパーク本店
公式HP http://flowerpark.info/*ご予約は12/7(金まで)
*別日にてクリスマススワッグやお正月アレンジ教室もございますので、お問合せください

その3◆ M Cellars 選りすぐりワイン試飲販売会
クリスマスプレゼントに最適♪カリフォルニアワイン専門、解説付きでオリジナルワインをご試飲いただけます!フラワーパーク入口にてお待ちしております。
公式HP http://www.m-cellars.com/



豪華景品◆クリスマスプレゼント抽選会
フェア期間中、絵画・お花・ワインのいずれかを2000円以上ご購入いただいたお客様には「クリスマスプレゼント抽選」の特典あり!

商品は… 特賞リトグラフ、 Baccarat のグラス、オリジナルワイン、ポインセチア、みぞえグループオリジナルカレンダー、クーポン券などハズレなし!


家で待っている家族、大切なあの人へ。いつも頑張っている自分へ。心あたたまる絵画やお花のプレゼントはいかがですか?みなさまのお越しをお待ちしております。
(掲載日:2018-11-14)

【東京店】by Printworks― 版画表現で ― 2018年11月17日(土) ― 12月2日(日)

 

[画像左] パブロ・ピカソ「4人の子供に見つめられる翼のある雄牛」 エッチング ed.250 23.5×29.6cm 1934年
[画像右] 駒井 哲郎「鳥と果実」 シュガーアクアチント・エッチング ed.EA 15.0 × 17.4cm 1959年



by Printworks― 版画表現で ―
2018年11月17日[土]~ 12月2日[日]
会期中無休 10:00-18:00 みぞえ画廊東京店

ピカソは膨大な数の作品を残した芸術家ですが、版画に限っても二千点を超えています。特に銅板、エッチングを核とした創作は、いくつかの連作、傑作版画を生み出し、その作品群は今なお世界の美術界で重要な位置を占めています。戦後日本の現代美術が国際的な評価を勝ち取ったのは、まず版画の分野においてでした。棟方志功、駒井哲郎、浜田知明、菅井汲などの作家が国際版画ビエンナーレで次々に受賞を果たし、高く評価されていきました。版画表現にこだわり、果敢に試み、
多様な表現世界を切り開いた内外の版画作品の数々をぜひご覧ください。


▍出品作家
パブロ・ピカソ/パウル・クレー/サルバドール・ダリ/マックス・エルンスト/アントニー・クラーベ/ベン・シャーン/ジャスパー・ジョーン/ジム・ダイン
駒井 哲郎/浜田 知明/菅井 汲/池田 満寿夫/田淵 安一/靉 嘔/香月 泰男/吉田 博/野見山 暁治/中林 忠良/柳澤 紀子/小林 敬生/河内 成幸、他

※出品作家が変更する場合がございます。
(掲載日:2018-11-04)

ART TAIPEI 2018に出展いたします!



ART TAIPEI 2018
台北國際藝術博覽會

▍スーパーVIPプレビュー
2018年10月25日(木) 12:00 – 15:00

▍VIPプレビュー
2018年10月25日(木) 15:00 – 21:00
2018年10月26日(金) 11:00 – 14:00

▍一般公開
2018年10月26日(金) 14:00 – 19:00
2018年10月27日(土) 11:00 – 19:00
2018年10月28日(日) 11:00 – 19:00
2018年10月29日(月) 11:00 – 18:00


▍会場
台北世界貿易センター エキシビションホール1
(台北市信義区信義路5段5号)
みぞえ画廊 ブース No. E06
http://2018.art-taipei.com/

今年で25年目を迎える「アート台北2018」に、みぞえ画廊が出展いたします。
4度目の出展となる今回は、昨年に引き続き、日本特有の美意識を表現することで注目される二人のアーティストをご紹介します。一人目は、あらゆるエネルギーを内包する壮大なコンセプトを持ち、昨年はサロンの講演でも注目された女性アーティスト、奥山民枝。二人目は、アジアに根付く文化を掘り下げ独自の技法で描く、弓手研平です。さらに、40年余りもの間、ミラノにアトリエを構え活動を続け、作品は今なお国際的に高く評価されている豊福知徳の彫刻作品も展示いたします。
ブース# E06にて、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
(掲載日:2018-10-09)

TOP
ページの上部に戻る