ニュース

2020/04/01 【福岡店】望月菊磨展~過去と現在~ 2020年3月28日(土)~4月12日(日) *在廊日を変更しました
詳しく見る


喚起装置『 輝・環 』素材:真鍮 H140cm×W174cm×D110cm

望月菊磨展~過去と現在~
2020年3月28日(土)~4月12日(日)

会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊 福岡店

《 作家在廊日 》
3月28.29.30 4月9.10.11.12日
(金)夕刻~18:00  (土日) 12:00~17:00

*4月9.10.11.12日に在廊予定をしていました望月菊磨氏は、都合により在廊しない事になりました。
会期中のみぞえ画廊は通常通り10:00~18:00まで営業いたします。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、定期的に換気をして画廊内の通気性を良くしております。また、ご来廊のお客様には入店時に以下のお願いをしております。

1.マスク着用、手指消毒
2.ご芳名帳へ氏名・ご住所等の記帳


皆様に安心して展覧会をご覧いただけるように、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

..................................

金属彫刻家で全国に数多くのパブリックアートを展開する望月菊磨の個展を開催します。今回は彼がアートの世界に足を踏み入れる原点となった作品、当時の新聞記者によって名付けられた「破壊シリーズ」第一作、東京藝術大学大学院修了作品でサロン・ド・プランタン賞受賞、ジャパン・アート・フェスティバルの海外展で好評を得た『META-SHOCK』1971と現在の「喚起装置シリーズ」の延長上の最新作『輝・環』2020をメインにその周辺の作品を展示します。「破壊シリーズ」のコンセプトを伝えるために始めた「メタルドローイングシリーズ」が時を経て絵画的要素を強くした平面作品、そして望月の何にも拘束されない自由気ままな近況を『おもうままに』反映した立体と平面作品、幻となった「タモリカップ」トロフィーなど、約50点から成る展示です。望月菊磨の半世紀に及ぶアートの軌跡~過去と現在~をご高覧いただければ幸いです。皆様のご来廊を心よりお待ちしています。(みぞえ画廊 阿部和宣)

望月菊磨 (もちづき きくま)
《略歴》 1945年 福岡県生まれ/'71 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了(修了制作サロン・ド・プランタン賞)/'75 「第11回現代日本美術展」佳作賞、東京都美術館・京都市美術館/'82 「第14回日本国際美術展」佳作賞、東京都美術館・京都市美術館/2002 「東日本彫刻展」優秀賞、東京ステーションギャラリー/'07 「第22回現代日本彫刻展」山口県立美術館賞

《主な収蔵先》 クイーンズランド・アートギャラリー(オーストラリア)、いわき市美術館、博多の森陸上競技場、他全国に約130か所以上


『 META-SHOCK 』 1971年
2020/03/13 ※中止※【東京店】奥山民枝展―絵画の時空― 2020年4月4日(土)―4月19日(日)
詳しく見る

「Red spacetime」F50

奥山民枝展―絵画の時空―2020年4月4日(土)―4月19日(日)中止のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、深く感謝申し上げます。
この度、小池百合子東京都知事による外出自粛要請発表を受け、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、4月4日(土)~19日(日)に開催を予定しておりました「奥山民枝展-絵画の時空-」を中止させていただく事となりました。
既にご案内をお送りし、楽しみにして頂いてお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
感染が収束し、開催が可能な状況になりましたら、改めて皆様にご案内申し上げます。
なお、みぞえ画廊東京店は常設展示での営業を続けますが、営業日に変更がある可能性がありますので、ご来店前にお電話でのご確認をお願いいたします。
いち早い事態の収束と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
みぞえ画廊 阿部和宣

奥山民枝展―絵画の時空―
2020年4月4日(土)―4月19日(日)

10:00-18:00 会期中無休

量子コンピューターの誕生で、量子のふるまいが話題になっている。
量子という、個体ではないもやもやとあやふやなものが、ミクロからマクロまで、この広大な宇宙の全てを織りなしていると云う。
私達の実感しているこの世界は、量子ビットに記録された二次元情報でしかなく、量子のもつれによって、三次元の存在として認識レベルにうつし出されているにすぎないと云う。
量子のふるまいを止め置いて、この世の全てが平面の位相に在るとき、それは一体、どのような絵面になるのだろう。
奥山民枝

おくやま たみえ 【略歴】
1969年 東京芸術大学美術学部卒業
1992年 第35回安井賞受賞
2005年 尾道大学大学院教授就任(~’12)
2010年 第31回広島文化賞受賞
現  在 無所属、尾道大学名誉教授、東京在住

埼玉県立近代美術館、横浜美術館、世田谷美術館、東京オペラシティアートギャラリー、
尾道市立美術館、他収蔵
2020/03/06 アートフェア東京2020開催の自粛・中止のお知らせ
詳しく見る
この度、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、2020年3月19日(木)〜22日(日)に開催を予定されておりました「アートフェア東京2020」(会場:東京国際フォーラム)は、日本国内及び国際的な感染拡大防止が最優先事項との考えから、中止となることが決定されました。
それに伴い、同会場みぞえ画廊ブースにて展示を予定しておりました「弓手研平展」も、出展中止といたします。
御来場を予定していた皆様、及び御関係者の皆様には、開催前の急な御案内となってしまったことを心よりお詫び申し上げます。

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る