ニュース

2021/04/25 【東京店】八頭司昂展 「CHROMATIC, ACHROMATIC」2021年5月22日(土)~6月6日(日)
詳しく見る


『 shed 』 2021年 シナベニヤにアブソルバン 45.5×53cm

CHROMATIC, ACHROMATIC
八頭司 昂 展

2021年5月22日(土)~6月6日(日)
10:00~18:00 会期中無休
会場 みぞえ画廊 東京店

<作家在廊予定日>
5月22,23,29,30日 6月5,6日
*在廊中(5月22~30日)はライブドローイングを開催予定

 佐賀を拠点に活動を続けている八頭司昂は、九州のアートシーンでは新進気鋭のアーティストとして早くから知られた存在だ。22歳の時に推薦制公募展である英展(田川市美術館)大賞を最年少受賞し周囲を驚かせた。同年、MCAGP三菱商事アート・ゲート・プログラムで入選し奨学生にも選ばれ、期待の新人として注目を浴びる。その後も多方面で活躍を続けている。
 当初のカラフルで複雑な線と面による画面構成から徐々に、色数は最小限に抑えられていき、線と面の要素はそぎ落とされ、より対象に迫る作風へと変化していった。同じモチーフを異なるアプローチで何度も描き、平面作品における表現の可能性を見出し続けている。
 「絵はなんとなくでは完成に向かいません。次第に自分のコントロール下から独立していきます。大事なことは絵と対話することだと思います。」 と、ひたむきに自分の絵と向き合う八頭司が30歳で臨む東京初個展。感染症で疲弊した社会に新鮮で英気に満ちた風を吹かせて欲しい。今後もさらなる進化と変遷を遂げていくであろうアーティストの“いま”をぜひご覧ください。 (みぞえ画廊 阿部和宣)


八頭司 昂 (やとうじ たかし)
1990年愛知県生まれ。2015年 佐賀大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修 修了。'12年 第62回佐賀県美術展覧会 佐賀県知事賞 受賞。’13年 第22回英展~人物・風俗~ 大賞 受賞、第63回佐賀県美術展覧会 佐賀商工会議所連合会賞 受賞、第1回YWCA(山梨ワイン&アートオークション)入選、第22回MCAGP(三菱商事アート・ゲート・プログラム)入選、2013年度MCAGP奨学生。’19年 大川市立清力美術館にて個展。

2021/04/25 VRで新感覚アート体験!豊福知徳展をVRで公開中です
詳しく見る
東京店で開催中の豊福知徳展をVRでご覧になれます!ここをクリック!
2021/04/21 【福岡店】豊福知徳展 2021年5月15日(土)~5月30日(日)
詳しく見る
豊福知徳「 作品 ʼ77 」
「 作品 ʼ77 」 1977年 マホガニー 50.0×67.5×5.8 cm

豊福知徳展
2021年5月15日(土)~5月30日(日)
会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊 福岡店



▶東京店で開催中の豊福知徳展をVRでご覧になれます!


2年前の2019年5月18日、豊福知徳先生は永眠された。早朝連絡を受けご自宅に向かうと、自身の作品たちや好んで集めた骨董品たちに囲まれ静かな顔で眠っていらした。享年94歳だった。
私が出会ってからの先生は言葉少なく、しかし沈黙の中に語り得ぬものを感じていた。特攻隊員として死を目前にしながらの終戦、その後40年に及ぶイタリア・ミラノでの生活。誰よりも日本人であろうとした彫刻家が、一彫一彫ノミに込めた思い。その作品たちは、生みの親と同じく、凛とした佇まいで静かに私たちに語り掛けてくる。
三回忌を迎える今、アトリエに遺された木彫作品を中心に、ブロンズ、素描を一同に展示し、あらためて世界に名を馳せた彫刻家の偉業を讃えたい。
皆様のご来廊をお待ち申し上げます。
みぞえ画廊 阿部和宣

〈イベント〉ドキュメンタリー映画「TOYOFUKU」上映会
5月15日(土)受付 13:30~ 上映時間 14:00~(約30分)
参加無料
◇上映後はギャラリートークを予定しています。
※定員15名。事前にお電話・メールにてご予約ください。

豊福知徳 略歴
1925年 福岡県久留米市に生まれる。
1959年 第2回高村光太郎賞を受賞。
1960年 第30回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品。ミラノに移住。
1964年 カーネギー国際美術展(米、ピッツバーグ)でウィリアム・フリュー記念賞を受賞。
1970年 「日本万国博美術展」(万国博美術館 大阪府吹田市)に出品。
1978年 「豊福知徳展」(北九州市立美術館)開催(第11回日本芸術大賞)。
1983年 久留米市中央公園に≪石声庭≫完成(第9回吉田五十八賞)。
1990年 第31回毎日芸術賞を受賞。
1993年 紫綬褒章を受賞。
1994年 「豊福知徳展~具象と抽象のはざまで~」(三鷹市美術ギャラリー)開催。
1996年 博多港中央埠頭に引き揚げ記念碑≪那の津往還≫設置(第8回本郷新賞)。
2005年 第13回福岡県文化賞を受賞。
2019年5月18日 没。

主な作品所蔵先
ローマ国立近代美術館(イタリア)、ペギー・グッゲンハイム美術館(イタリア ヴェネチア)
カーネギーホール(アメリカ ニューヨーク)
東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立国際美術館(大阪府)、三鷹市美術ギャラリー、美ヶ原高原美術館(長野県)、福岡県立美術館、福岡市立美術館、北九州市立美術館、久留米市美術館、他

豊福知徳ギャラリー公式Webサイト

豊福知徳 春風
「春風」マホガニー H 1870mm

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る