ニュース

2022/04/14 【福岡店】弓手研平展 2022年5月21日(土)~6月5日(日)
詳しく見る

弓手研平展
私たちは土の上で生きている
2022年5月21日(土)~6月5日(日)

会期中無休 10:00-18:00
作家在廊日 5/21(土)、22(日)、28(土)、29(日)
会場 みぞえ画廊福岡店


《 幸せな朝、林檎実る木の下で 》  油彩  M100号 2022年

〜私たちは土の上で生きている〜
「すべての足元には土がある。当たり前のことに気づかずに生きている現代で、本当の幸せとは何なのか。私たちの暮らしを土台から感じることの大切さを、油絵具の筆致を重ねた厚い絵肌を通して人々に訴えたい。」そう語る弓手研平の、振り返ればコロナ禍での二回目の個展である。この間、弓手は絵を描く事に没頭し、絵を描く事への情熱とその信念はゆるぎないものとなっている。相も変わらず、いやより丹念に50層以上の絵の具を塗り重ね、1年をかけて生み出される作品たち。そこに描かれる小さな幸せに、多くの人々が魅了されている。
一人の絵描きの生き方をぜひ見ていただきたい。
皆様のご来廊をお待ち申し上げます。
みぞえ画廊 阿部和宣


《 京都の朝・新芽の頃 》 ドローイング 56×76cm 2022年

ゆんでけんぺい/略歴
1970年大阪府生れ。1996年大阪芸術大学美術専攻科修了。1997年昭和会展日動美術財団賞。一水会展佳作賞3回、新人賞(’95)、文部科学大臣賞(’13)。2009年損保ジャパン美術賞。現在、一水会常任委員、研水会委員、日本美術家連盟会員など。

弓手研平『日本国憲法の心を描く』シリーズ作品を初展示
弓手は、人の営みの原点を自問自答する制作を続けてきた。しばしば弓手の絵画に描かれている、器や、仏像、白米は、人々が大地から得る幸福の形だ。故に弓手のすべての絵画制作では、まず始めに土をじっくりと描くのだという。そのきっかけとなった取り組みが、とある弁護士事務所から依頼を受けて制作した「日本国憲法の心を描く」シリーズ(全110点)である。すべての日本人の足元に当たり前に在る「憲法」というルールを、「幸せとは何か」という問いとして絵画で表現することで、国籍を問わず人々の琴線に訴求する何かを紡ぎ出す。
弓手が全条文の憲法作品を描き上げてから10年。より足元を見つめて描いている最新作と合わせて、憲法シリーズ作品の一部を今回初めて展示します。

作家による解説ギャラリートーク
日時 5/29(日)14:00-15:00
「前文三部作」の大作(200号、150号、130号)の前で制作の原点を語ります。
*お電話にてご予約下さい 092-738-5655 *定員20名


《 日月祭田図(憲法前文三部作その三) 》 油彩 F200号 2009年

九州取材作品の展示
個展会期前半に弓手が糸島や鹿児島を取材してドローイング作品を現地制作します。
作品は会期後半に会場で展示いたします。
弓手が九州取材で現場制作する様子を映画監督:塩崎祥平(弓手がチーフプロデューサーを務めた映画「かぞくわり」脚本・監督、2019年全国上映)が撮影編集した映像を会期後半にご紹介します。

弓手式ニュー印象派ライブドローイング!
会期前半の九州取材を元に、画廊内で弓手がライブ制作します。
日時 5/28(土)13:00-15:00
*お電話にてご予約下さい 092-738-5655
*定員20名


《 夜明けの土道 》 油彩 M30号 2022年


《 日と月と花壇 》 油彩 S20号 2022年

2022/04/14 【東京店】小嶋 勇 展-大地の詩- 2022年5月14日(土)~5月29日(日)
詳しく見る

《EARTH・蝶の森》2022年 ミクストメディア 90×90 cm

小嶋 勇 展-大地の詩-
2022年5月14日(土)~5月29日(日)

会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊東京店
作家在廊日 5月14日(土)、15日(日)

「大地」−この言葉を聞いて小嶋勇の作品を見ると、抽象的に見えるその画面が、かつて暮らしたブラジルの大地を上空から見た風景にインスピレーションを受けて描かれたものだと言う事に納得する。そこには、時に、生命の象徴の様に、ブラジルの森に生息するモルフォ蝶が現れる。ラテンの香りを漂わせる鮮やかな色彩ながら、厚紙や布、和紙、大理石など様々な素材が何層にも重ねられ、和の素材、マティエールに拘ったその平面作品は、常に世界の中に身を置いてきた小嶋が試行錯誤を重ね完成させた独自の表現である。
大作を含め約25点が並びます。どうぞご期待ください。(みぞえ画廊)


《EARTH・蝶の森》2022年 ミクストメディア 49.4×50cm

こじまいさむ / 1938年福岡県生まれ。70~80年までサンパウロにて制作活動。77年サロン ジョウベン展特別賞(サンパウロ)。2004年劉海粟美術館個展(上海)。05年CASA TOHMAS JEFFERSON ART GALLERY企画個展(ブラジリア・ブラジル)。GALERIA DECO企画個展(サンパウロ)。06年Zainul Gallery企画個展(バングラディッシュ)、養清堂画廊個展(東京銀座)。08年横浜とサンパウロの現代アート展(横浜)。10年第8回ローマ国際ビエンナール優秀賞受賞(イタリア)。上海万博 中日韓美術作品交流展(上海美術館・上海)。ARTE PADOVA2010(イタリア)。ブラジリアンアート展準大賞受賞(イタリア)。11年個展Joo mane espaso e cultura(サンパウロ)。13年みぞえ画廊個展(福岡)。18年沸点の現象展(田川市美術館)。19年全国カレンダー展銀賞受賞。他、ニューヨーク、リオデジャネイロなど国内外で個展。

2022/04/14 【福岡店】ゴールデンウィーク大感謝祭 2022年4月23日(土)―5月8日(日)
詳しく見る

ゴールデンウィーク大感謝祭
2022年4月23日(土)―5月8日(日)
会期中無休 10:00-18:00
会場 みぞえ画廊 福岡店

版画、素描を中心に、現代・物故・海外作家など、
幅広いジャンルの作品をお求めやすい価格で販売いたします。


アンリ・マティス ≪クッションに座る裸婦≫ エッチング ed.6/250 36.2×28.3cm

〈主な出品作家〉
藤田嗣治 / 岡鹿之助 / 小磯良平 / 牛島憲之 / 平野遼 / 井上長三郎 / 織田廣喜 / 瑛九 / 猪熊弦一郎 / 坂本善三 / 津高和一 / 須田剋太 / 大沢昌介 / マナブ間部 / 靉嘔 / 東山魁夷 / 堀文子 / 難波田龍起 / アンリ・マティス / マルク・シャガール / ピエール・ボナール / アントニ・タピエス / アントニ・クラーベ / ポール・アイズピリ / ポール・ギアマン / J・P・カシニョール / ベルナール・カトラン / ジョルジュ・ルオー / ベン・シャーン / アンディ・ウォーホール(サンデー B.モーニング)他
*出品作家は変更する場合がございます


平野遼 ≪話す女≫ 油彩 F8号 40.9×31.8cm


アンディ・ウォーホル AFTER ≪Golden Marilyn 11.43(サンデーB・モーニング)≫ミュージアムボードにスクリーンプリント  ed.122/2000  91×91cm


ベン・シャーン ≪扉「マルテの手記」より≫ リトグラフ 54.2×42.5cm


ポール・ギアマン ≪ゆりの女≫ 油彩 M30号 90.9x60.6cm


東山魁夷 ≪冬華≫ (新復刻画) リトグラフ ed.8/350 60×48cm


間部マナブ ≪星の涙≫ リトグラフ ed.25/70 78×71cm

 
猪熊弦一郎 ≪裸子と鳥≫ リトグラフ ed.150 45×38cm

 
難波田龍起 ≪生成の詩B≫ リトグラフ ed.24/124 58×48cm

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る