ニュース

2018/10/09 ART TAIPEI 2018に出展いたします!
詳しく見る



ART TAIPEI 2018
台北國際藝術博覽會

▍スーパーVIPプレビュー
2018年10月25日(木) 12:00 – 15:00

▍VIPプレビュー
2018年10月25日(木) 15:00 – 21:00
2018年10月26日(金) 11:00 – 14:00

▍一般公開
2018年10月26日(金) 14:00 – 19:00
2018年10月27日(土) 11:00 – 19:00
2018年10月28日(日) 11:00 – 19:00
2018年10月29日(月) 11:00 – 18:00


▍会場
台北世界貿易センター エキシビションホール1
(台北市信義区信義路5段5号)
みぞえ画廊 ブース No. E06
http://2018.art-taipei.com/

今年で25年目を迎える「アート台北2018」に、みぞえ画廊が出展いたします。
4度目の出展となる今回は、昨年に引き続き、日本特有の美意識を表現することで注目される二人のアーティストをご紹介します。一人目は、あらゆるエネルギーを内包する壮大なコンセプトを持ち、昨年はサロンの講演でも注目された女性アーティスト、奥山民枝。二人目は、アジアに根付く文化を掘り下げ独自の技法で描く、弓手研平です。さらに、40年余りもの間、ミラノにアトリエを構え活動を続け、作品は今なお国際的に高く評価されている豊福知徳の彫刻作品も展示いたします。
ブース# E06にて、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2018/10/09 【福岡店】井上 敬一 展 2018年11月3日(土)―11月18日(日)
詳しく見る


[ 画像左 ] ミステリアスな日 100.0x80.3cm  [ 画像右 ] 夜の行進 27.3x22.0cm

井上 敬一 展
2018年11月3日(土)―11月18日(日)
10:00~19:00 会期中無休

◆作家在廊日
10(土),11(日),15(木),16(金),17(土),18日(日)
※時間帯によっては不在の場合もございます。

◆オープニングパーティー
11月3日17:30~ みぞえ画廊にて

井上敬一先生とのお付き合いは、この画廊の始まりと同じで、10年となる。その間、先生の絵画に対する姿勢は全く変わらない。これほどまでに自由で、純粋に、心の底から楽しんで自身の表現と向き合っている画家がいるだろうかと思う。弊画廊では3回目を迎える今回の個展ではどんな世界を見せてくれるのか。大変楽しみである。(みぞえ画廊)

いのうえ けいいち/1979年ルカ・シニョレッリのフレスコ画「最後の審判」模写。1980年 福岡教育大学美術科研究生修了。1995年第2回別府現代絵画展優秀賞受賞。第4回青木繁記念大賞展大賞受賞。第4回風の芸術展ビエンナーレまくらざき 準大賞受賞。‘96、‘97年 安井賞展入選、第28回現代美術展賞候補。1998年第5回福岡県文化賞受賞。現在東京と福岡で年2回個展を開催。
2018/10/01 【福岡店】平野遼 展「始まりと終わり」2018年10月13日(土) ― 10月28日(日)
詳しく見る


[ 画像 ] 風景 1949年 蝋画 23.0×31.0cm

2018年10月13日[土]― 10月28日[日]
会期中無休 10:00-19:00

北九州を拠点に活動し、一貫して人間、特に自己の内面、心の闇と光を描き続け「魂の画家」と呼ばれた洋画家平野遼。自身の表現を模索し続けた画家の黎明期、具象的表現の中に人間の闇を描いた成熟期を経、抽象的表現で「闇」の中の「光」、「宇宙」の中の「生命」を求め、内発する感情をぶつけるかの様に描いた晩年の作品群。本展では、1950年代以前の作品と、’80年代以降の作品に焦点を当て、知られざる画家の実像に迫ります。 (みぞえ画廊 阿部和宣)

ひらの りょう/ 1927年大分県生まれ。幼少期に両親を亡くし、絵は独学。’58年自由美術家協会会員。’64年主体美術協会設立。’75年無所属となる。以降、世界各地への旅行を重ねながら個展を中心に制作・発表を続けた。’87年「平野遼の世界展」(北九州市立美術館)開催。西日本文化賞受賞。’92年逝去(享年65)。


[ 画像 ] 変転 1990年 油彩 F80号

おすすめの作品

売れ筋の作家

...もっと見る →

新着作品

...もっと見る →

お買い得の作品

...もっと見る →

TOP
ページの上部に戻る